Raspberry Pi 3 設定編

ラズパイ3の設定編です。

前提として、初期のOSダウンロードなどのために
ネットにつながった別のPCが1台必要
(根性と知識があればスマホでもできるかも)

とりあえず一番情報の多そうなRaspbianを選択
母艦PCの方で公式サイトから
OSのイメージをダウンロードして
書き込みツールで手持ちの32GBマイクロSDに焼く。
今回、オイラはEtcherというツールを使用

ラズパイ3のカードリーダに刺して電源繋げば
そのままRaspbinanのデスクトップ環境(PIXEL?)が起動
初期は英語の画面になっている

1.表示の日本語化
デスクトップ左上隅のラズベリーのアイコンをクリックして
メニューを表示
画像

「ラズベリーパイの設定」ウィンドウの一番右
「ローカライズ」タブを表示して
画像

Locale を ja (Japanese)
Timezone を Asia Tokyo
Keyboard を Japanese
WiFi Country を Japan に設定

現行バージョンでは日本語フォントが入ってるので
これを設定して再起動すれば
メニュー表示などが日本語になる

2.リモート操作を有効にする
母艦PCからLAN越しに操作できるように
VNCとSSHを有効にする。
画像

ラズパイのデスクトップで[>_] みたいなアイコンを
クリックしてターミナルを起動して
ifconfig と打ち込んで IPアドレスを確認しておく

デフォルトの状態だと
ユーザ名::pi パスワード:raspberry になってる。
安全のためには
[ラズベリーパイの設定] からパスワードを変えておく。

3.母艦PC側にクライアントを準備
ラズパイに接続するために
SSHクライアントとVNCビューアをインストールする
オイラの環境では
SSHクライアントはPoderosaTerminal
VNCクライアントはChromeアプリのVNCビューア
先の手順で確認しておいたIPアドレスで接続

とりあえずここまでで最小の環境設定

BluetoothのマウスとNintendoキーボードも
素直につながったんだが
Nintendoキーボードは何か問題があるようで
一回接続が切れると再接続がエラーになって
削除してペアリングしなおさないとつながらない。
相性問題なのかキーボードの個体問題なのかは不明
PricetonのキーボードつきオーディオレシーバーPTM-BHKは
なぜかキーボードとしては使えるが音声が出ない(´・ω・`)

動画再生を試してみたら
Webブラウザ(Chromium)から見るDailymotionとか
Youtubeは最初の読み込みで詰まるけど
コマ落ちなどはしない感じ。

オフラインの動画(mp4など)については
OmxPlayerなら動画再生支援が効いてOKだが
VLCプレイヤーは再生支援が効かなくてNGな感じ。

旅先の液晶TVにつないで
大画面でネット見たり動画見たり、という心づもりで
買ったので、OS見直し含めてこれから環境を作っていく予定

ネットの情報では
ラズパイ向けにAndroidとかChromiumOSも
作ってるヒトがいるようなんで
そっちも試してみようかと思う。
日本語の情報が少ないのが難点(´・ω・`)



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック