ポチ朗の旅と日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 正月明けに日光・鬼怒川1泊2日:鬼怒川温泉ホテル編

<<   作成日時 : 2018/02/18 22:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日光から各駅停車の今市経由鬼怒川方面行き電車で
移動すること1時間ほどで鬼怒川温泉駅へ
駅からは各ホテルを巡回する乗り合いバスで宿へ
(バスは現金のみなので注意)

今回の宿は鬼怒川温泉ホテル
日光周辺では有名な金谷ホテルの系列でなかなか立派
今回はJTBで予約して
ツインルーム日光江戸村チケット付き
朝夕食ビュッフェのプランで2人総額で\44,280-
我が家基準ではどっちかというと高級の部類

鬼怒川温泉ホテル
楽天トラベル
ようこそ結旅の宿へ。美味しい石窯ビッフェ料理が人気の宿、日本最古のホテルをルーツとした老舗旅館


楽天市場 by 鬼怒川温泉ホテル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


昔からの温泉街なので道は狭くて
宿のエントランス前は駐車場でこんな感じ
画像

到着時間の関係かチェックインは結構混んでいたが
カウンター前で行列しなくても
名前を告げてロビーの椅子で待ってると係がやってきて
カウンターに案内してくれる方式だった。
さすがに金谷ホテル系列らしく洗練されている。

部屋はリビングスペースが畳にソファという、微妙な和洋室(笑)
画像

画像

画像

TVは東芝Regzaで湯沸かしポットと氷水のポット
無料の紅茶ティーバッグとインスタントコーヒー
リビング側のテーブルのお茶セットは
緑茶にお茶菓子付きだった。
写真は撮ってないけど、室内にカギ式の金庫あり。

部屋のカギは2ケ来たけどカードキーでなくて物理カギ

食事は夕食・朝食ともビュッフェでほどほど豊富で美味。
組み合わせ的に変かもしれないが
夕食では石窯ピザと日光湯葉刺身が美味だった。

ウチは頼まなかったけど、夕食時ドリンクに飲み放題もあり
係のお姉さんの説明では
生ビール3杯以上なら飲み放題の方がお得とのことだった。
遺憾なことに食事写真はなし(-_-;

部屋風呂はついてたが利用しなかった。
写真撮ってないけど 大浴場はなかなか広くて立派
ただし、露天風呂は建物の側面開放な感じで開放感がイマイチだった。
大陸か港台か南洋かまではわからんが、
北京語話してる旅客を大浴場で何組かみかけた。
国際的にメジャーな温泉地になっているのだろう。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
正月明けに日光・鬼怒川1泊2日:鬼怒川温泉ホテル編 ポチ朗の旅と日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる