2018年8月バンコク-宿紹介:フラマエクスクルーシブサトーン

・宿の選定について
立地は前回(10年くらい前?)はスクンビットだったので
別地域がよい、というのと
今回の目玉イベントのため
アジアティーク・リバーサイドへのアクセスが楽な地域
ということで、
一泊あたり円換算\6千~1万くらいの価格帯で
プール有りで部屋はツインベッドバスタブ有を条件にさがして
シーロム(BTS駅ではチョンノンシー)の
FuramaXclusive Sathorn(フラマ エクスクルーシブ サトーン)を選択


・部屋
チェックイン時にアップグレードしてくれて
(禁煙フロアのツインの部屋が空いてなかったんだろう)
リビング付きの客室になった。
広くなったのはありがたいことだが
ベッドがダブルで冷蔵庫ナシだった(-_-;
画像

画像

リビングのTVはブラウン管で寝室のTVは液晶
寝室のTV左手前の籐のカゴは屑籠ではなくてランドリー籠
画像

画像

トイレは東南アジアのホテルによくあるシャワーホース付き
今回はチェックを忘れてたけど、
目立つところにはキブラ(メッカの方角の矢印)はなかった。


・宿泊費 (Booking.comで予約)
朝食付きのデラックスツイン
3月末頃の予約で1室1泊税サ込2,500バーツ
レイトチェックアウト(PM6時)が1,000バーツで
合計8,500Bの支払い

・朝食
味は悪くないんだが、種類少なめ(´・ω・`)
連泊で変化が乏しかったので評価としては”ややショボい"

カミさんの朝食チョイスはこんな感じ
画像


生野菜と果物(スイカと木瓜とパイナップル)あり
カップのヨーグルトもあり

主食系は白飯(JapaneseRice)あり
お粥(日替わりで白粥と鳥粥)
炒飯と炒麺
パンケーキとパン2種類くらい

お菜については
野菜炒めは毎日同じ内容
酢豚の魚版みたいな奴の日とチキンカレーの日あり
パンの近くに鶏ソーセージとスライスハム、イモ
玉子は目玉/スクランブル/ゆで玉子の3種類あり

大汗かいて水抜け/塩抜け傾向にあったようで
鶏粥や団子スープが美味かった。

・立地:非常によい
チョンノンシー駅から徒歩4~5分くらいで
駅から宿の間に海鮮料理屋(レックシーフード)あり
BTSのサラデーン駅やパッポン界隈も徒歩圏
がんばればルンピニー公園も徒歩でいける。

規模はショボいが近隣にスーパーあり
宿の近所の下に貼った地図の通りあたりに露店が出て
市場っぽくなっている

帰る日の朝に発見した。
日曜祭日は休みだったようで
月曜(祭日)午後に通ったら閑散としたシャッター通りだった
画像


・プール : ショボい (´・ω・`)
画像

リゾートホテルではないからこんなもんだろうけど
デッキチェアのところに日よけが全然ないので低評価。


・総体として
次回バンコク滞在時に第一候補にするか?と問われればNo!
悪くはなかったが同じくらいの価格帯と立地で
もうちょっと朝飯やプールがよいところがありそうな感じがする。

特に良かった点としては客層面で
大陸人や半島人の団体とバッティングしなかったこと。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック