3日目晩は新世界ホーカーセンターへ

世間はコロナ対策でいろいろピリピリしていて
ネット界隈では鎖国だ攘夷だとブチ挙げているヒトもいる模様です。
21世紀初頭のSARSの時は日本国内での蔓延がほとんどなかったから
海外での流行が終息したら比較的短期で旅行自粛の空気が抜けたけど
今後については、オイラの楽観的予想でも世界レベルの終息後しばらく
(最短でも2021年末くらいまで?)
「”観光目的の海外旅行"なんてトンデモナイ!」の
空気が抜けなそうな感じがしている。

こんなご時世ではありますが、
当ブログでは行ってきた分の旅日記をゆるゆると綴って行きたいと思います。

------------------------------------------------------------------------------------
前記事の単独行動タイムでカミさんが生菓子を買ってきていた
1230夕方-マレー外郎DSCF3834.jpg
モチモチ感があって甘さ控えめでなかなか美味(^q^)


3日目の晩はちょっと足を延ばして”新世界ホーカーセンター"へ

時刻は午後8時ごろ、人は結構多くて座席も7~8割埋まってた。
前回(かなり前の2013年)は曜日の関係か夜は閉まっている店ばかりだったが
今回は夜営業の店が多数。
ここは飲み物は自分で買いに行くシステムだった。
大規模なホーカーというのは店の選択枝も座席も増えていいんだが
欲しいものが分散すると注文に手間取ったり
なかなか来なかったりで一長一短
少人数ならもう少しコンパクトな方が食事がしやすいと思う。

写真が残ってないがスコールかアンカーの大瓶を買ったと思う。
オカズとしてはイカのフリッターと空心菜炒めを選択
同じ店だったか別の店だったかは微妙
1230晩イカフリッターDSCF3840.jpg
1230晩-空心菜炒めDSCF3839.jpg
主食としては
オイラは肉骨茶+油条をチョイス
写真だとレタスの影でわからないけど、
モツやら練り物も入った具の種類多めの肉骨茶だった。
レタスの上の赤いのは薬膳で定番のクコの実
1230晩-肉骨茶一式DSCF3836.jpg
1230晩-肉骨茶寄りDSCF3837.jpg
カミさんは炒飯(ナシゴレン・チナ?)
1230晩-炒飯DSCF3835.jpg

一口もらって食べたところ、
日本で食べるよりは若干薄味のごく普通な炒飯だった。

この記事へのコメント